万葉集 第7巻 1399番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1399番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1399番歌

第7巻
歌番号1399番歌
作者作者不詳
題詞(寄船)
原文百傳 八十之嶋廻乎 榜船尓 乗<尓志>情 忘不得裳
訓読百伝ふ八十の島廻を漕ぐ舟に乗りにし心忘れかねつも
かなももづたふ やそのしまみを こぐふねに のりにしこころ わすれかねつも
英語(ローマ字)MOMODUTAFU YASONOSHIMAMIWO KOGUFUNENI NORINISHIKOKORO WASUREKANETSUMO
多くの島々を巡って漕ぐ舟に乗るように、心に乗ってしまった(恋した)あの女(または男)のことが忘れられない。
左注
校異西 尓志 [元][類][紀]
用語譬喩歌、恋情、枕詞、序詞
タイトルとURLをコピーしました