万葉集 第7巻 1398番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1398番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1398番歌

第7巻
歌番号1398番歌
作者作者不詳
題詞寄船
原文神樂聲浪乃 四賀津之浦能 船乗尓 乗西意 常不所忘
訓読楽浪の志賀津の浦の舟乗りに乗りにし心常忘らえず
かなささなみの しがつのうらの ふなのりに のりにしこころ つねわすらえず
英語(ローマ字)SASANAMINO SHIGATSUNOURANO FUNANORINI NORINISHIKOKORO TSUNEWASURAEZU
楽浪の志賀津の浦の舟乗りが乗るように、心に乗った(恋した)あの女(または男)のことが忘れられない。
左注
校異
用語譬喩歌、滋賀、琵琶湖、恋情、地名、序詞
タイトルとURLをコピーしました