万葉集 第7巻 1252番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1252番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1252番歌

第7巻
歌番号1252番歌
作者作者不詳
題詞(問答)
原文人社者 意保尓毛言目 我幾許 師努布川原乎 標緒勿謹
訓読人こそばおほにも言はめ我がここだ偲ふ川原を標結ふなゆめ
かなひとこそば おほにもいはめ わがここだ しのふかはらを しめゆふなゆめ
英語(ローマ字)HITOKOSOBA OHONIMOIHAME WAGAKOKODA SHINOFUKAHARAWO SHIMEYUFUNAYUME
人様は何でもない川原のようにおっしゃるかも知れないが、私にはかけがえのない鳥たちがいる川原なのです。ですから標縄などを結んで入れないようにしないでくださいな、決して。
左注右二首詠鳥(右十七首古歌集出)
校異
用語雑歌、作者:古歌集、問答、伝誦、寓意
タイトルとURLをコピーしました