万葉集 第7巻 1263番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1263番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1263番歌

第7巻
歌番号1263番歌
作者作者不詳
題詞(臨時)
原文暁跡 夜烏雖鳴 此山上之 木末之於者 未静之
訓読暁と夜烏鳴けどこの岡の木末の上はいまだ静けし
かなあかときと よがらすなけど このをかの こぬれのうへは いまだしづけし
英語(ローマ字)AKATOKITO YOGARASUNAKEDO KONOWOKANO KONURENOUHEHA IMADASHIDUKESHI
カラスが夜の明け切らぬ内から暁を告げて鳴くが、岡の木々の梢はいまだ森閑としている。
左注(右十七首古歌集出)
校異
用語雑歌、作者:古歌集、恋愛歌、動物
タイトルとURLをコピーしました