万葉集 第7巻 1253番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1253番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1253番歌

第7巻
歌番号1253番歌
作者作者不詳
題詞(問答)
原文神樂浪之 思我津乃白水郎者 吾無二 潜者莫為 浪雖不立
訓読楽浪の志賀津の海人は我れなしに潜きはなせそ波立たずとも
かなささなみの しがつのあまは あれなしに かづきはなせそ なみたたずとも
英語(ローマ字)SASANAMINO SHIGATSUNOAMAHA ARENASHINI KADUKIHANASESO NAMITATAZUTOMO
楽浪の志賀津の海女(あま)さんよ、私のいないときは湖に潜りなさんな。たとえ波が立っていない穏やかなときでも。
左注(右二首詠白水郎)(右十七首古歌集出)
校異
用語雑歌、作者:古歌集、問答、福岡、伝誦、寓意、地名
タイトルとURLをコピーしました