万葉集 第7巻 1377番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1377番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1377番歌

第7巻
歌番号1377番歌
作者作者不詳
題詞寄神
原文木綿懸而 祭三諸乃 神佐備而 齊尓波不在 人目多見許<曽>
訓読木綿懸けて祭る三諸の神さびて斎むにはあらず人目多みこそ
かなゆふかけて まつるみもろの かむさびて いむにはあらず ひとめおほみこそ
英語(ローマ字)YUFUKAKETE MATSURUMIMORONO KAMUSABITE IMUNIHAARAZU HITOMEOHOMIKOSO
神前に木綿(ゆう)を垂らして拝礼する三諸(みもろ)の神。そんな神さながらに身を慎んでいるわけではありませんが、人目が多いのでお逢いできないのです。
左注
校異増 曽 [元][類][矢][京]
用語譬喩歌、恋愛、うわさ、三輪、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました