万葉集 第7巻 1376番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1376番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1376番歌

第7巻
歌番号 1376番歌
作者 作者不詳
題詞 寄赤土
原文 山跡之 宇陀乃真赤土 左丹著者 曽許裳香人之 吾乎言将成
訓読 大和の宇陀の真埴のさ丹付かばそこもか人の我を言なさむ
かな やまとの うだのまはにの さにつかば そこもかひとの わをことなさむ
英語(ローマ字) YAMATONO UDANOMAHANINO SANITSUKABA SOKOMOKAHITONO WAWOKOTONASAMU
大和は宇陀の真っ赤な粘土の赤が着物についたら、そんなことでも人々は噂の種にするだろうな。
左注
校異
用語 譬喩歌、奈良、恋愛、うわさ、地名
タイトルとURLをコピーしました