万葉集 第7巻 1372番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1372番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1372番歌

第7巻
歌番号1372番歌
作者作者不詳
題詞寄月
原文三空徃 月讀<壮>士 夕不去 目庭雖見 因縁毛無
訓読み空行く月読壮士夕さらず目には見れども寄るよしもなし
かなみそらゆく つくよみをとこ ゆふさらず めにはみれども よるよしもなし
英語(ローマ字)MISORAYUKU TSUKUYOMIWOTOKO YUFUSARAZU MENIHAMIREDOMO YORUYOSHIMONASHI
光り輝いて夕空を渡っていくお姿は毎夕拝見していますが、一向にお近くに寄られる気配もありません。
左注
校異牡 壮 [元][類][紀]
用語譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました