万葉集 第7巻 1275番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1275番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1275番歌

第7巻
歌番号1275番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(旋頭歌)
原文住吉 小田苅為子 賎鴨無 奴雖在 妹御為 私田苅
訓読住吉の小田を刈らす子奴かもなき奴あれど妹がみためと私田刈る
かなすみのえの をだをからすこ やつこかもなき やつこあれど いもがみためと わたくしだかる
英語(ローマ字)SUMINOENO WODAWOKARASUKO YATSUKOKAMONAKI YATSUKOAREDO IMOGAMITAMETO WATAKUSHIDAKARU
おいおい、そこで稲刈りをしている若い衆、下男はいないのかね。いえいえ下男はおりますが、彼女のために彼女の家の田の稲刈りをしているのですよ。
左注(右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、旋頭歌、略体、唱和、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました