万葉集 第7巻 1271番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1271番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1271番歌

第7巻
歌番号 1271番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 行路
原文 遠有而 雲居尓所見 妹家尓 早将至 歩黒駒
訓読 遠くありて雲居に見ゆる妹が家に早く至らむ歩め黒駒
かな とほくありて くもゐにみゆる いもがいへに はやくいたらむ あゆめくろこま
英語(ローマ字) TOHOKUARITE KUMOゐNIMIYURU IMOGAIHENI HAYAKUITARAMU AYUMEKUROKOMA
遠くに雲がかかっているのが見える。早く妻が待っている家に着きたい。黒駒よ。歩めよ黒駒。
左注 右一首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、非略体、動物
タイトルとURLをコピーしました