万葉集 第7巻 1220番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1220番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1220番歌

第7巻
歌番号 1220番歌
作者 藤原房前
題詞 (覊旅作)
原文 為妹 玉乎拾跡 木國之 湯等乃三埼二 此日鞍四通
訓読 妹がため玉を拾ふと紀伊の国の由良の岬にこの日暮らしつ
かな いもがため たまをひりふと きのくにの ゆらのみさきに このひくらしつ
英語(ローマ字) IMOGATAME TAMAWOHIRIFUTO KINOKUNINO YURANOMISAKINI KONOHIKURASHITSU
彼女のみやげに美しい玉を拾おうと紀伊の国の由良の岬で、探していたら、この日一日が暮れてしまった。
左注 (右七首者藤原卿作 未審年月)
校異
用語 雑歌、作者:藤原房前、藤原麻呂、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました