万葉集 第7巻 1201番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1201番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1201番歌

第7巻
歌番号1201番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文大海之 水底豊三 立浪之 将依思有 礒之清左
訓読大海の水底響み立つ波の寄らむと思へる礒のさやけさ
かなおほうみの みなそことよみ たつなみの よせむとおもへる いそのさやけさ
英語(ローマ字)OHOUMINO MINASOKOTOYOMI TATSUNAMINO YOSEMUTOOMOHERU ISONOSAYAKESA
大海の海底がとどろくばかりに激しく打ち寄せて来る波をかぶる磯の清浄なこと。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました