万葉集 第7巻 1353番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1353番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1353番歌

第7巻
歌番号1353番歌
作者作者不詳
題詞寄稲
原文石上 振之早田乎 雖不秀 繩谷延与 守乍将居
訓読石上布留の早稲田を秀でずとも縄だに延へよ守りつつ居らむ
かないそのかみ ふるのわさだを ひでずとも なはだにはへよ もりつつをらむ
英語(ローマ字)ISONOKAMI FURUNOWASADAWO HIDEZUTOMO NAHADANIHAHEYO MORITSUTSUWORAMU
石上布留の早稲の穂はまだ出てきてないけれど、ちゃんと縄を張りめぐらせておきなさいよ、この私が見張っているから。
左注
校異
用語譬喩歌、奈良、恋愛、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました