万葉集 第7巻 1197番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1197番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1197番歌

第7巻
歌番号 1197番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 手取之 柄二忘跡 礒人之曰師 戀忘貝 言二師有来
訓読 手に取るがからに忘ると海人の言ひし恋忘れ貝言にしありけり
かな てにとるが からにわすると あまのいひし こひわすれがひ ことにしありけり
英語(ローマ字) TENITORUGA KARANIWASURUTO AMANOIHISHI KOHIWASUREGAHI KOTONISHIARIKERI
手にしたとたん恋を忘れると海人(漁民)が言った恋忘れ貝だが、一向に忘れられない。やはり言葉だけのことなんだなあ。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、望郷、動物
タイトルとURLをコピーしました