万葉集 第7巻 1131番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1131番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1131番歌

第7巻
歌番号1131番歌
作者作者不詳
題詞(芳野作)
原文皆人之 戀三<芳>野 今日見者 諾母戀来 山川清見
訓読皆人の恋ふるみ吉野今日見ればうべも恋ひけり山川清み
かなみなひとの こふるみよしの けふみれば うべもこひけり やまかはきよみ
英語(ローマ字)MINAHITONO KOFURUMIYOSHINO KEFUMIREBA UBEMOKOHIKERI YAMAKAHAKIYOMI
皆人が恋いこがれるという吉野だが、やってきてみると、山や川が清らかで、なるほど皆が恋うのはもっともだ。
左注
校異吉 芳 [元][類][紀]
用語雑歌、吉野、羈旅、地名、恋情、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました