万葉集 第7巻 1198番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1198番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1198番歌

第7巻
歌番号1198番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文求食為跡 礒二住鶴 暁去者 濱風寒弥 自妻喚毛
訓読あさりすと礒に棲む鶴明けされば浜風寒み己妻呼ぶも
かなあさりすと いそにすむたづ あけされば はまかぜさむみ おのづまよぶも
英語(ローマ字)ASARISUTO ISONISUMUTADU AKESAREBA HAMAKAZESAMUMI ONODUMAYOBUMO
餌を求めて磯に住み着いている鶴も、明け方になると浜風が寒いのか妻を呼んで鳴き立てる。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、望郷、動物
タイトルとURLをコピーしました