万葉集 第7巻 1143番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1143番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1143番歌

第7巻
歌番号 1143番歌
作者 作者不詳
題詞 (攝津作)
原文 作夜深而 穿江水手鳴 松浦船 梶音高之 水尾早見鴨
訓読 さ夜更けて堀江漕ぐなる松浦舟楫の音高し水脈早みかも
かな さよふけて ほりえこぐなる まつらぶね かぢのおとたかし みをはやみかも
英語(ローマ字) SAYOFUKETE HORIEKOGUNARU MATSURABUNE KADINOOTOTAKASHI MIWOHAYAMIKAMO
夜更けに堀江を漕ぎ進む松浦舟の梶(かぢ)の音が高く響く。水脈(みを=流路)の流れが早いからであろうか。
左注
校異 船 [類][古][温] 舟
用語 雑歌、大阪、羈旅、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました