万葉集 第7巻 1144番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1144番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1144番歌

第7巻
歌番号 1144番歌
作者 作者不詳
題詞 (攝津作)
原文 悔毛 満奴流塩鹿 墨江之 岸乃浦廻従 行益物乎
訓読 悔しくも満ちぬる潮か住吉の岸の浦廻ゆ行かましものを
かな くやしくも みちぬるしほか すみのえの きしのうらみゆ ゆかましものを
英語(ローマ字) KUYASHIKUMO MICHINURUSHIHOKA SUMINOENO KISHINOURAMIYU YUKAMASHIMONOWO
悔しいことに満ち潮になってしまった。住吉(すみのえ)の岸辺を巡って行こうと思っていたのに。
左注
校異
用語 雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました