万葉集 第7巻 1144番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1144番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1144番歌

第7巻
歌番号1144番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文悔毛 満奴流塩鹿 墨江之 岸乃浦廻従 行益物乎
訓読悔しくも満ちぬる潮か住吉の岸の浦廻ゆ行かましものを
かなくやしくも みちぬるしほか すみのえの きしのうらみゆ ゆかましものを
英語(ローマ字)KUYASHIKUMO MICHINURUSHIHOKA SUMINOENO KISHINOURAMIYU YUKAMASHIMONOWO
悔しいことに満ち潮になってしまった。住吉(すみのえ)の岸辺を巡って行こうと思っていたのに。
左注
校異
用語雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました