万葉集 第7巻 1323番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1323番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1323番歌

第7巻
歌番号 1323番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄玉)
原文 海之底 奥津白玉 縁乎無三 常如此耳也 戀度味試
訓読 海の底沖つ白玉よしをなみ常かくのみや恋ひわたりなむ
かな わたのそこ おきつしらたま よしをなみ つねかくのみや こひわたりなむ
英語(ローマ字) WATANOSOKO OKITSUSHIRATAMA YOSHIWONAMI TSUNEKAKUNOMIYA KOHIWATARINAMU
海の底深くに沈んでいる真珠。それを手中にする手がかりがなく、いつもこうして恋続けるよりほかになすすべがない。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました