万葉集 第7巻 1125番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1125番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1125番歌

第7巻
歌番号 1125番歌
作者 作者不詳
題詞 思故郷
原文 清湍尓 千鳥妻喚 山際尓 霞立良武 甘南備乃里
訓読 清き瀬に千鳥妻呼び山の際に霞立つらむ神なびの里
かな きよきせに ちどりつまよび やまのまに かすみたつらむ かむなびのさと
英語(ローマ字) KIYOKISENI CHIDORITSUMAYOBI YAMANOMANI KASUMITATSURAMU KAMUNABINOSATO
清らかな瀬では千鳥たちが鳴き交わし、山あいには霞がたちこめていることだろう、ああ、わがふるさとよ。
左注
校異
用語 雑歌、飛鳥、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました