万葉集 第7巻 1124番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1124番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1124番歌

第7巻
歌番号1124番歌
作者作者不詳
題詞(詠鳥)
原文佐保<川>尓 小驟千鳥 夜三更而 尓音聞者 宿不難尓
訓読佐保川に騒ける千鳥さ夜更けて汝が声聞けば寐ねかてなくに
かなさほがはに さわけるちどり さよふけて ながこゑきけば いねかてなくに
英語(ローマ字)SAHOGAHANI SAWAKERUCHIDORI SAYOFUKETE NAGAKOゑKIKEBA INEKATENAKUNI
佐保川に騒々しく鳴き交わす千鳥たちよ、夜が更けてから鳴かれると寝ようにも寝られないではないか。
左注
校異河 川 [類][紀][温]
用語雑歌、奈良、動物、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました