万葉集 第7巻 1394番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1394番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1394番歌

第7巻
歌番号 1394番歌
作者 作者不詳
題詞 寄藻
原文 塩満者 入流礒之 草有哉 見良久少 戀良久乃太寸
訓読 潮満てば入りぬる礒の草なれや見らく少く恋ふらくの多き
かな しほみてば いりぬるいその くさなれや みらくすくなく こふらくのおほき
英語(ローマ字) SHIHOMITEBA IRINURUISONO KUSANAREYA MIRAKUSUKUNAKU KOFURAKUNOOHOKI
潮が満ちてくると磯に隠れてしまう藻草。見られる時は少なく、恋しさばかりがつのります。
左注
校異 太 [類][紀] 大
用語 譬喩歌、恋愛

解説

題詞は「藻に寄せて」という意味。本歌合わせて4首組みの歌。(他3首:1395,1396,1397)。
「入りぬる磯の草」は「磯に隠れてしまう藻草」のこと。

タイトルとURLをコピーしました