万葉集 第7巻 1396番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1396番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1396番歌

第7巻
歌番号1396番歌
作者作者不詳
題詞(寄藻)
原文紫之 名高浦乃 名告藻之 於礒将靡 時待吾乎
訓読紫の名高の浦のなのりその礒に靡かむ時待つ我れを
かなむらさきの なたかのうらの なのりその いそになびかむ ときまつわれを
英語(ローマ字)MURASAKINO NATAKANOURANO NANORISONO ISONINABIKAMU TOKIMATSUWAREWO
紫草の名高浦の名告藻(なのりそ)がこちらの磯になびき寄る時を待っている、この私は。
左注
校異
用語譬喩歌、和歌山、恋愛、地名、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は「藻に寄せて」という意味。本歌合わせて4首組みの歌。(他3首:1394,1395,1397)。
紫の名高の浦は1392番歌、名告藻(なのりそ)は1395番歌を参照。「我れを」の「を」は詠嘆。「私は」と同意。

タイトルとURLをコピーしました