万葉集 第7巻 1070番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1070番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1070番歌

第7巻
歌番号 1070番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 大夫之 弓上振起 <猟>高之 野邊副清 照月夜可聞
訓読 大夫の弓末振り起し狩高の野辺さへ清く照る月夜かも
かな ますらをの ゆずゑふりおこし かりたかの のへさへきよく てるつくよかも
英語(ローマ字) MASURAWONO YUZUゑFURIOKOSHI KARITAKANO NOHESAHEKIYOKU TERUTSUKUYOKAMO
勇者が弓で狩り立てるという狩高(かりたか)の野辺さえ清く照らす月夜だ。
左注
校異 借 猟 [類]
用語 雑歌、高円山、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました