万葉集 第7巻 1077番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1077番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1077番歌

第7巻
歌番号 1077番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 夜干玉之 夜渡月乎 将留尓 西山邊尓 <塞>毛有粳毛
訓読 ぬばたまの夜渡る月を留めむに西の山辺に関もあらぬかも
かな ぬばたまの よわたるつきを とどめむに にしのやまへに せきもあらぬかも
英語(ローマ字) NUBATAMANO YOWATARUTSUKIWO TODOMEMUNI NISHINOYAMAHENI SEKIMOARANUKAMO
東から7夜渡っていく月を引き留めるのに西の山辺に関所でもあればなあ。
左注
校異 塞 [西(上書訂正)][類][紀][細]
用語 雑歌
タイトルとURLをコピーしました