万葉集 第7巻 1112番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1112番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1112番歌

第7巻
歌番号 1112番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠河)
原文 波祢蘰 今為妹乎 浦若三 去来率去河之 音之清左
訓読 はねかづら今する妹をうら若みいざ率川の音のさやけさ
かな はねかづら いまするいもを うらわかみ いざいさかはの おとのさやけさ
英語(ローマ字) HANEKADURA IMASURUIMOWO URAWAKAMI IZAISAKAHANO OTONOSAYAKESA
はねかづらをつけた彼女は初々しいのでいざ誘ってみようか、という、その率川(いざかわ)の川音の清々しいこと。
左注
校異
用語 雑歌、奈良、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました