万葉集 第7巻 1108番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1108番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1108番歌

第7巻
歌番号1108番歌
作者作者不詳
題詞(詠河)
原文泊瀬川 流水尾之 湍乎早 井提越浪之 音之清久
訓読泊瀬川流るる水脈の瀬を早みゐで越す波の音の清けく
かなはつせがは ながるるみをの せをはやみ ゐでこすなみの おとのきよけく
英語(ローマ字)HATSUSEGAHA NAGARURUMIWONO SEWOHAYAMI ゐDEKOSUNAMINO OTONOKIYOKEKU
泊瀬川の大量の水が早く、堰を越えて流れ下る時のごうごうたる音の清らかなこと。
左注
校異提 [西(貼紙訂正)] 堤
用語雑歌、初瀬、奈良、土地讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました