万葉集 第7巻 1411番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1411番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1411番歌

第7巻
歌番号 1411番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 福 何有人香 黒髪之 白成左右 妹之音乎聞
訓読 幸はひのいかなる人か黒髪の白くなるまで妹が声を聞く
かな さきはひの いかなるひとか くろかみの しろくなるまで いもがこゑをきく
英語(ローマ字) SAKIHAHINO IKANARUHITOKA KUROKAMINO SHIROKUNARUMADE IMOGAKOゑWOKIKU
こんなに白髪になるまで妻が寄り添い声を出して悲しんでくれるとは、なんて幸せな人であろう。
左注
校異
用語 挽歌、亡妻歌
タイトルとURLをコピーしました