万葉集 第7巻 1412番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1412番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1412番歌

第7巻
歌番号1412番歌
作者作者不詳
題詞
原文吾背子乎 何處行目跡 辟竹之 背向尓宿之久 今思悔裳
訓読我が背子をいづち行かめとさき竹のそがひに寝しく今し悔しも
かなわがせこを いづちゆかめと さきたけの そがひにねしく いましくやしも
英語(ローマ字)WAGASEKOWO IDUCHIYUKAMETO SAKITAKENO SOGAHININESHIKU IMASHIKUYASHIMO
この人はどこへも行くものかとたかをくくって、割いた竹のように背中合わせに寝た人なのに、こうしてあの世に行かれてしまうと、悔やまれてならない。
左注
校異
用語挽歌、後悔、枕詞
タイトルとURLをコピーしました