万葉集 第7巻 1101番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1101番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1101番歌

第7巻
歌番号 1101番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (詠河)
原文 黒玉之 夜去来者 巻向之 川音高之母 荒足鴨疾
訓読 ぬばたまの夜さり来れば巻向の川音高しもあらしかも疾き
かな ぬばたまの よるさりくれば まきむくの かはとたかしも あらしかもとき
英語(ローマ字) NUBATAMANO YORUSARIKUREBA MAKIMUKUNO KAHATOTAKASHIMO ARASHIKAMOTOKI
夜になると巻向川の川音が高く聞こえる。嵐が近いのだろうか。
左注 右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、巻向、奈良、非略体、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました