万葉集 第7巻 1100番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1100番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1100番歌

第7巻
歌番号 1100番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠河
原文 巻向之 病足之川由 徃水之 絶事無 又反将見
訓読 巻向の穴師の川ゆ行く水の絶ゆることなくまたかへり見む
かな まきむくの あなしのかはゆ ゆくみづの たゆることなく またかへりみむ
英語(ローマ字) MAKIMUKUNO ANASHINOKAHAYU YUKUMIDUNO TAYURUKOTONAKU MATAKAHERIMIMU
巻向山の穴師川から流れ出る水は絶えることがない。私自身も絶えることなくやってきて穴師川を眺めよう。
左注 (右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 病 [類][古][紀] 痛
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、巻向、奈良、非略体、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました