万葉集 第7巻 1373番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1373番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1373番歌

第7巻
歌番号 1373番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄月)
原文 春日山 々高有良之 石上 菅根将見尓 月待難
訓読 春日山山高くあらし岩の上の菅の根見むに月待ちかたし
かな かすがやま やまたかくあらし いはのうへの すがのねみむに つきまちかたし
英語(ローマ字) KASUGAYAMA YAMATAKAKUARASHI IHANOUHENO SUGANONEMIMUNI TSUKIMACHIKATASHI
春日山は山が高いらしい。石の上の菅の根のように、注意深く、慎重に月を見ようと待っているが、なかなかのぼって来ない。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました