万葉集 第7巻 1373番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1373番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1373番歌

第7巻
歌番号1373番歌
作者作者不詳
題詞(寄月)
原文春日山 々高有良之 石上 菅根将見尓 月待難
訓読春日山山高くあらし岩の上の菅の根見むに月待ちかたし
かなかすがやま やまたかくあらし いはのうへの すがのねみむに つきまちかたし
英語(ローマ字)KASUGAYAMA YAMATAKAKUARASHI IHANOUHENO SUGANONEMIMUNI TSUKIMACHIKATASHI
春日山は山が高いらしい。石の上の菅の根のように、注意深く、慎重に月を見ようと待っているが、なかなかのぼって来ない。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました