万葉集 第7巻 1239番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1239番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1239番歌

第7巻
歌番号1239番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文大海之 礒本由須理 立波之 将依念有 濱之浄奚久
訓読大海の礒もと揺り立つ波の寄せむと思へる浜の清けく
かなおほうみの いそもとゆすり たつなみの よせむとおもへる はまのきよけく
英語(ローマ字)OHOUMINO ISOMOTOYUSURI TATSUNAMINO YOSEMUTOOMOHERU HAMANOKIYOKEKU
岩礁をも揺り動かさんばかりに激しく波が打ち寄せる浜辺の美しいこと。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました