万葉集 第7巻 1240番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1240番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1240番歌

第7巻
歌番号 1240番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 珠匣 見諸戸山<矣> 行之鹿齒 面白四手 古昔所念
訓読 玉櫛笥みもろと山を行きしかばおもしろくしていにしへ思ほゆ
かな たまくしげ みもろとやまを ゆきしかば おもしろくして いにしへおもほゆ
英語(ローマ字) TAMAKUSHIGE MIMOROTOYAMAWO YUKISHIKABA OMOSHIROKUSHITE INISHIHEOMOHOYU
みもろと山を旅していくと、その景観が興趣深く、昔のことがいろいろ思い出される。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異 奚 矣 [元][類][紀]
用語 雑歌、作者:古集、羈旅、三輪、奈良、懐旧、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました