万葉集 第7巻 1145番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1145番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1145番歌

第7巻
歌番号1145番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文為妹 貝乎拾等 陳奴乃海尓 所沾之袖者 雖涼常不干
訓読妹がため貝を拾ふと茅渟の海に濡れにし袖は干せど乾かず
かないもがため かひをひりふと ちぬのうみに ぬれにしそでは ほせどかわかず
英語(ローマ字)IMOGATAME KAHIWOHIRIFUTO CHINUNOUMINI NURENISHISODEHA HOSEDOKAWAKAZU
彼女のために貝を拾おうと茅渟(ちぬ)の海に手を突っ込んだが着物の袖が濡れてしまった。干しても乾かぬほどひどく。
左注
校異
用語雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました