万葉集 第7巻 1300番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1300番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1300番歌

第7巻
歌番号1300番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(寄玉)
原文遠近 礒中在 白玉 人不知 見依鴨
訓読をちこちの礒の中なる白玉を人に知らえず見むよしもがも
かなをちこちの いそのなかなる しらたまを ひとにしらえず みむよしもがも
英語(ローマ字)WOCHIKOCHINO ISONONAKANARU SHIRATAMAWO HITONISHIRAEZU MIMUYOSHIMOGAMO
あちこちの磯に美しい玉(美女)が目に付くけれども、人に知られることなく逢うてだてがあればなあ。
左注(右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました