万葉集 第7巻 1300番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1300番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1300番歌

第7巻
歌番号 1300番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (寄玉)
原文 遠近 礒中在 白玉 人不知 見依鴨
訓読 をちこちの礒の中なる白玉を人に知らえず見むよしもがも
かな をちこちの いそのなかなる しらたまを ひとにしらえず みむよしもがも
英語(ローマ字) WOCHIKOCHINO ISONONAKANARU SHIRATAMAWO HITONISHIRAEZU MIMUYOSHIMOGAMO
あちこちの磯に美しい玉(美女)が目に付くけれども、人に知られることなく逢うてだてがあればなあ。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました