万葉集 第7巻 1081番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1081番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1081番歌

第7巻
歌番号1081番歌
作者作者不詳
題詞(詠月)
原文烏玉之 夜渡月乎 A怜 吾居袖尓 露曽置尓鷄類
訓読ぬばたまの夜渡る月をおもしろみ我が居る袖に露ぞ置きにける
かなぬばたまの よわたるつきを おもしろみ わがをるそでに つゆぞおきにける
英語(ローマ字)NUBATAMANO YOWATARUTSUKIWO OMOSHIROMI WAGAWORUSODENI TSUYUZOOKINIKERU
渡っていく月に魅せられて眺めている内にすっかり夜更けになり、袖が露に濡れてしまった。
左注
校異
用語雑歌
タイトルとURLをコピーしました