万葉集 第7巻 1223番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1223番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1223番歌

第7巻
歌番号1223番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文綿之底 奥己具舟乎 於邊将因 風毛吹額 波不立而
訓読海の底沖漕ぐ舟を辺に寄せむ風も吹かぬか波立てずして
かなわたのそこ おきこぐふねを へによせむ かぜもふかぬか なみたてずして
英語(ローマ字)WATANOSOKO OKIKOGUFUNEWO HENIYOSEMU KAZEMOFUKANUKA NAMITATEZUSHITE
あの沖遠く漕いでいる舟を浜辺に向けて寄せ来るように風が吹いてくれないだろうか。波静かのまま。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました