万葉集 第7巻 1299番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1299番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1299番歌

第7巻
歌番号 1299番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 寄玉
原文 安治村 十依海 船浮 白玉採 人所知勿
訓読 あぢ群のとをよる海に舟浮けて白玉採ると人に知らゆな
かな あぢむらの とをよるうみに ふねうけて しらたまとると ひとにしらゆな
英語(ローマ字) ADIMURANO TOWOYORUUMINI FUNEUKETE SHIRATAMATORUTO HITONISHIRAYUNA
鴨の群れがしなやかに群れ飛んでいます。舟を浮かべて玉を採る(女性を獲る)のもよろしいけれど、群れ飛ぶ鴨に知られないようになさいませ。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体、動物
タイトルとURLをコピーしました