万葉集 第7巻 1299番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1299番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1299番歌

第7巻
歌番号 1299番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 寄玉
原文 安治村 十依海 船浮 白玉採 人所知勿
訓読 あぢ群のとをよる海に舟浮けて白玉採ると人に知らゆな
かな あぢむらの とをよるうみに ふねうけて しらたまとると ひとにしらゆな
英語(ローマ字) ADIMURANO TOWOYORUUMINI FUNEUKETE SHIRATAMATORUTO HITONISHIRAYUNA
鴨の群れがしなやかに群れ飛んでいます。舟を浮かべて玉を採る(女性を獲る)のもよろしいけれど、群れ飛ぶ鴨に知られないようになさいませ。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体、動物
タイトルとURLをコピーしました