万葉集 第7巻 1105番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1105番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1105番歌

第7巻
歌番号 1105番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠河)
原文 音聞 目者末見 吉野川 六田之与杼乎 今日見鶴鴨
訓読 音に聞き目にはいまだ見ぬ吉野川六田の淀を今日見つるかも
かな おとにきき めにはいまだみぬ よしのがは むつたのよどを けふみつるかも
英語(ローマ字) OTONIKIKI MENIHAIMADAMINU YOSHINOGAHA MUTSUTANOYODOWO KEFUMITSURUKAMO
噂には聞いていたが実際に見たことがなかった、吉野川の六田の淀をやっときょう見ることが出来た。
左注
校異
用語 雑歌、吉野、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました