万葉集 第7巻 1173番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1173番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1173番歌

第7巻
歌番号 1173番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 斐太人之 真木流云 尓布乃河 事者雖通 船會不通
訓読 飛騨人の真木流すといふ丹生の川言は通へど舟ぞ通はぬ
かな ひだひとの まきながすといふ にふのかは ことはかよへど ふねぞかよはぬ
英語(ローマ字) HIDAHITONO MAKINAGASUTOIFU NIFUNOKAHA KOTOHAKAYOHEDO FUNEZOKAYOHANU
飛騨人(ひだびと)が立派な材木を流すという丹生の川。渓流なので両岸から声を掛け合うことはできるが、船は往来できない。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、岐阜県、小八賀川、謡物、地名
タイトルとURLをコピーしました