万葉集 第7巻 1165番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1165番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1165番歌

第7巻
歌番号 1165番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 暮名寸尓 求食為鶴 塩満者 奥浪高三 己妻喚
訓読 夕なぎにあさりする鶴潮満てば沖波高み己妻呼ばふ
かな ゆふなぎに あさりするたづ しほみてば おきなみたかみ おのづまよばふ
英語(ローマ字) YUFUNAGINI ASARISURUTADU SHIHOMITEBA OKINAMITAKAMI ONODUMAYOBAFU
夕なぎ時に餌をあさっている鶴たちも、潮が満ちてきて沖合から波が高く押し寄せてくると己妻(おのがつま)を呼んで鳴き立てる。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました