万葉集 第7巻 1231番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1231番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1231番歌

第7巻
歌番号1231番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文天霧相 日方吹羅之 水莖之 岡水門尓 波立渡
訓読天霧らひひかた吹くらし水茎の岡の港に波立ちわたる
かなあまぎらひ ひかたふくらし みづくきの をかのみなとに なみたちわたる
英語(ローマ字)AMAGIRAHI HIKATAFUKURASHI MIDUKUKINO WOKANOMINATONI NAMITACHIWATARU
空がにわかにかき曇ってきた。東風が吹いているのか、みずみずしく湿った港に波が押し寄せてきた。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、福岡、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました