万葉集 第7巻 1230番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1230番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1230番歌

第7巻
歌番号1230番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文千磐破 金之三<埼>乎 過鞆 吾者不忘 <壮>鹿之須賣神
訓読ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも我れは忘れじ志賀の皇神
かなちはやぶる かねのみさきを すぎぬとも われはわすれじ しかのすめかみ
英語(ローマ字)CHIHAYABURU KANENOMISAKIWO SUGINUTOMO WAREHAWASUREJI SHIKANOSUMEKAMI
有数の難所である荒々しい鐘の岬を無事通過したが、それも志賀海神社のご加護があったればこそ。忘れることはありません。
左注?(右件歌者古集中出)
校異崎 埼 [元][紀][温] / 牡 壮 [紀]
用語雑歌、作者:古集、羈旅、福岡、手向け、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました