万葉集 第7巻 1193番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1193番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1193番歌

第7巻
歌番号1193番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文勢能山尓 直向 妹之山 事聴屋毛 打橋渡
訓読背の山に直に向へる妹の山事許せやも打橋渡す
かなせのやまに ただにむかへる いものやま ことゆるせやも うちはしわたす
英語(ローマ字)SENOYAMANI TADANIMUKAHERU IMONOYAMA KOTOYURUSEYAMO UCHIHASHIWATASU
背の山と妹の山ははまっすぐに向き合っている 背の山の口説きに妹の山は承諾したのだろうか。川に打橋が架かっている。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました