万葉集 第7巻 1307番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1307番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1307番歌

第7巻
歌番号1307番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞寄川
原文従此川 船可行 雖在 渡瀬別 守人有
訓読この川ゆ舟は行くべくありといへど渡り瀬ごとに守る人のありて
かなこのかはゆ ふねはゆくべく ありといへど わたりぜごとに もるひとのありて
英語(ローマ字)KONOKAHAYU FUNEHAYUKUBEKU ARITOIHEDO WATARIZEGOTONI MORUHITONOARITE
この川を舟で渡って行こうとすると、渡し場にはどこも番人がいる。
左注(右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、障害、略体
タイトルとURLをコピーしました