万葉集 第7巻 1306番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1306番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1306番歌

第7巻
歌番号 1306番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 寄花
原文 是山 黄葉下 花矣我 小端見 反戀
訓読 この山の黄葉が下の花を我れはつはつに見てなほ恋ひにけり
かな このやまの もみちのしたの はなをわれ はつはつにみて なほこひにけり
英語(ローマ字) KONOYAMANO MOMICHINOSHITANO HANAWOWARE HATSUHATSUNIMITE NAHOKOHINIKERI
この山の黄葉の下に咲いている花をちらりと見かけただけなのに、たちまち恋に陥ってしまった。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました