万葉集 第7巻 1387番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1387番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1387番歌

第7巻
歌番号1387番歌
作者作者不詳
題詞(寄海)
原文伏超従 去益物乎 間守尓 所打沾 浪不數為而
訓読伏越ゆ行かましものをまもらふにうち濡らさえぬ波数まずして
かなふしこえゆ ゆかましものを まもらふに うちぬらさえぬ なみよまずして
英語(ローマ字)FUSHIKOEYU YUKAMASHIMONOWO MAMORAFUNI UCHINURASAENU NAMIYOMAZUSHITE
這って越えねばならぬ険しい山道を難所であっても行けばよかった。海が穏やかになったら漕ぎ出そうと様子をうかがっていたら、満ち潮時をはかりかねてずぶぬれになってしまった。
左注
校異
用語譬喩歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました