万葉集 第7巻 1388番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1388番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1388番歌

第7巻
歌番号1388番歌
作者作者不詳
題詞(寄海)
原文石灑 岸之浦廻尓 縁浪 邊尓来依者香 言之将繁
訓読石そそき岸の浦廻に寄する波辺に来寄らばか言の繁けむ
かないはそそき きしのうらみに よするなみ へにきよらばか ことのしげけむ
英語(ローマ字)IHASOSOKI KISHINOURAMINI YOSURUNAMI HENIKIYORABAKA KOTONOSHIGEKEMU
崖の岩にほとばしる波が岸辺に打ち寄せている。その岸に近づきすぎたのか人々の噂が騒がしくなってきた。
左注
校異
用語譬喩歌、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました