万葉集 第7巻 1115番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1115番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1115番歌

第7巻
歌番号1115番歌
作者作者不詳
題詞(詠河)
原文妹之紐 結八<河>内乎 古之 并人見等 此乎誰知
訓読妹が紐結八河内をいにしへのみな人見きとここを誰れ知る
かないもがひも ゆふやかふちを いにしへの みなひとみきと ここをたれしる
英語(ローマ字)IMOGAHIMO YUFUYAKAFUCHIWO INISHIHENO MINAHITOMIKITO KOKOWOTARESHIRU
あの子が紐を結んでくれた結八川ではないが、その内(秘め事)を昔知る人とてなく誰が知ろう。
左注
校異川 河 [元][類][古][紀]
用語雑歌、序詞、土地讃美、地名
タイトルとURLをコピーしました